白朋苑のスタッフインタビュー

スタッフインタビュー~介護福祉士

イメージ

まず、介護職という職業を選んだ理由から教えてください

おじいちゃんっ子だったんですが、高校の頃おじいちゃんが老人保健施設に入ることになって、おじいちゃんを自分で介護してあげたいと思ったんです。中学の頃に夏休みの間一人暮らしのおじいちゃんと一緒に過ごしたりして、おじいちゃんのことが大好きだったんですね。でもおじいちゃんは、私が福祉専門学校を卒業する前に亡くなってしまったので、介護する夢は叶いませんでした。

白朋苑を職場に選んだのはどういう理由ですか。

教育福祉専門学校で実習があったのですが、その現場が白朋苑でした。約2か月間、日勤・夜勤を経験させてもらったところで、こちらで働いてみないか、と誘われたのがきっかけです。白朋苑の介護の先輩で、とっても尊敬できる方がいたというのも大きいです。その方は、利用者の方のそれぞれの性格をよく理解していて、こう話をしたらこう返してくれるな、というのがわかっていて上手にコミュニケーションが取れるんです。
ちょっとマニュアルからは離れることがあるのですが、利用者の個人と向き合っているからできる会話で、真似したいなと思ったりしました。
白朋苑にはそのまま入職したという経緯になります。

白朋苑のお仕事の内容について、一日の流れを教えてください。

日勤や遅番によっても違うのですが、わかりやすい遅番でいうと、
 10:00 ミーティング
       排せつ介助・おむつ交換
 11:30 昼食準備(配膳、居室の整頓)
       昼食介助
       トイレ・口腔ケア
 13:00 お昼寝タイム(休憩時間)
 14:00 おやつの時間
 15:00 おむつ交換など
 15:30 ミーティング
 15:45 休憩
 16:00 フロア施錠、洗濯物の居室配付など
 16:30 夕食準備(配膳、居室の整頓)
       夕食介助
       トイレ・口腔ケア
 18:45 終業

今は副主任という立場でフロアの責任を任されているため、書類作成などの事務仕事が多くなっています。もう少し利用者のみなさんのお世話をしていたいですね。

一年の中で忙しい時期などありますか?

季節によって特にこの時期が忙しいということはありません。白朋苑はイベントや地域の交流がたくさんあるので、そういう時期は忙しくなります。夏の納涼祭や、秋の「さんま食べよう会」などは人気で大忙しになります。納涼祭はチケットが300枚以上も出るくらい盛況です。そのほかは、定期的に物品の整理するときが忙しいですね。すぐにモノがたまってしまうので、廃棄するものの選別とか、主任と一緒にちょっとだけ汗をかいています。

お休みは取れていますか。

一般的な会社員ではないので、毎週土日がお休みというわけにはいきませんが、だいたい月に9日から10日は休みが取れています。残業もほぼありませんし。 あと、年に一回一週間まとめて休みが取れるので、3月にお休みを取りました。グアム旅行に行ってリフレッシュしてきました。

仕事をしていてやりがいや、逆につらいなと感じることはありますか?

やっぱりみなさんから「ありがとう」と言ってもらえて、またニコニコと笑顔を見せてもらえたときが嬉しいと思います。つらい、というのとは違うのですが、なかなか自分の理想に近づけない、というのがもどかしくて悩みです。また新しく入ってくるスタッフへの指導の仕方については難しいといつも感じさせられています。

白朋苑の雰囲気やスタッフの特徴などを教えてください。

そうですねぇ、やさしい人が多いと思います。ちょっとやさしすぎて、何でもやりすぎて困る…みたいな。在苑者の方にも頑張ってやってもらわないといけないことがあるんです。あと、さっきも言いましたけど白朋苑は地域との交流がとっても多いんですね。納涼祭やさんまを食べよう会の他にも例えば防災訓練などにも近隣の方が応援に来てくれたりするんです。

そういうときは、結構バタバタ忙しいんですが、スタッフが一丸となって協力しあえるので、仲間意識が強いなって感じることが多いですね。まとまりがあると思います。

スタッフの年齢層や男女比は?

私の担当する3階でいえば、平均年齢が39歳なんです。年齢の幅が広くて、若い人と先輩が一緒に働いています。

男女比は3 階には男性スタッフが10人、女性が5人くらいいます。2 階のフロアは逆に男性4人に女性10人くらいですから半々くらいでしょうか。

白朋苑の良い点を教えてください。

現場の仕事を効率よくていねいに覚えることのできる「トレーナー・トレーニー制度」っていうのがあるんですが、これがすごくいいと思います。入職して一か月間は副主任が直接「遅番業務」を教えるんです。その後は他のスタッフの指導に代わるんですが、細かな指導項目がカリキュラム化されてて、見落としなく仕事を覚えてもらえます。一年をかけて覚えるんです。

それからいろいろな経験を積んだ職種の人がいて連携がいいのも良い点です。看護師、ケアマネージャー、相談員などいろんな方がいて協力しあって仕事を進めることができるので、在苑者の方には安心してもらえますし、私たちも心強く仕事できます。

これからご自身はどうなりたいと思いますか?目標などはありますか?

目標と言うか、とにかくいろいろ勉強したいな、と思っています。看護師の方と仕事を一緒にすると、その知識がすごくて、その知識の一部でも身に着けられないかと思います。それから薬についての知識も深めていきたいと思います。調剤薬局事務とか勉強したいことがありすぎなんです。

最後に今、介護のことを勉強している人たち、就活中の人たちにアドバイスがあればお願いします。

勉強中の学生のみなさんには、「医学一般」の授業は重要だよって言っておきたいです。私は学生の頃、この授業のとき寝てることが多かったのでちゃんと勉強しとくんだったって…

それから、人に聞くことは恥ずかしいことではないので、恥ずかしがらずにいっぱい聞いて、いろんな知識をいっぱい覚えてください、って思います。 (終)

 + + + + + + + 

白朋苑で一緒に働いてみませんか?ご応募お待ちしております。

職員応募フォームはこちら

戻る